スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントンは世界一の幸せ者!

つくづく思いますね〜アントンは幸せ者、そして私も。
20150725224520b99.jpg
モモパパファミリーや
2015072522465850c.jpgチョコチロル一家、浪速のゴン母さんがアントン訪ねて遠いところを来て頂きました。
私の可愛い孫娘モモとモモパパのニューフェイス「大和」には外出中で会えなかったのです。残念!次回必ず会えますように。
チョコチロル(通称浪速のヤンキー娘)とゴン君の弟、一太君(なんと5カ月のバーニーズ!)とに、大きな、大きな元気玉を頂きました。お馬鹿父さんは、舞い上がって貴重な写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのです。
……ですので、お手数ですが、チョコチロルママさんのブログ「ちわっ(^o^)/」とゴン母さんのブログ「ナニワのデカバニ、ゴゴゴーン」をご参照下さりませ(ペコ!)
自由奔放に走り回るチロルとチョコたん、5カ月とは言え大物の予感一太君のガタイとパピーの愛らしさのなんとも言えないアンバランスな魅力に不思議な力をいただ頂きました。ホント心から癒された一日…👍👍👍
アントンもきっと空から見て安心してくれているかな?
ワンコが繋いでくれた人の優しさを思います。 多謝々!

スポンサーサイト

目覚め

思い新たに
何時までも眠ってはいられない。そう教えてくれているのは、mayやポコでありantonそれに心優しきたくさんの人達…でしょうね。
忘れていた「虹の橋」の第3部を読み返して気付かされます。

雨降り地区 <第3部>

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを・・・
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを・・・

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも言葉にもできない様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。
「虹の橋」「虹の橋2部」に続く第3部の詩

ハチドリのごとく、今出来ることをいろんなシチュエーションの中で活動中の人達がいること、止まることの許されない人がいることを忘れていた自分に恥じ入る思いです。アントンに送って頂いたこの花は、そんなメッセージかも。

眠っているとその時間だけは痛みから逃れれるー そういう思いで
只々あれ以来過ごした毎日…。

少しづつ歩き出しますか!!





心優しいオトコ…

明日で四十九日。
201506301501188db.jpg発病する数日前に訪れたアントン地方桜満開の湖岸で。
20150630145706608.jpg …。

このわずか1ヶ月余りで旅立ってしまうとは……。
それがこの子に与えられた「命」であったとは思いたくない……。

2015063014585068d.jpg

病院での亡くなる3時間半前のアントン

全てを受け入れて、最期の力を振り絞って健気に起き上がり
私に二言、三言声にならない声で言ったのは「サ、ヨ、ナ、ラ」だった???
それとも何かを伝えたかった?今も胸が痛く、苦しく…。

「露の世は、露の世ながら、さりながら」 ( 一茶)
……この句は一茶が56才にして初めて授かった女の子を翌年なくした心の痛みを歌った句です。

未だ現実を受け入れることのできないヘタレな父さんがいます……。

20150630145850732.jpg
北陸道で一晩、二人きりで最後の時間を過ごした車の中のアントン。

もうしばらくアントンと一緒の日々を過ごそうと思う。
2015. 5. 16 I'll never forget this day .

寿算 8歳8ヶ月
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。