スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚め

思い新たに
何時までも眠ってはいられない。そう教えてくれているのは、mayやポコでありantonそれに心優しきたくさんの人達…でしょうね。
忘れていた「虹の橋」の第3部を読み返して気付かされます。

雨降り地区 <第3部>

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを・・・
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを・・・

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも言葉にもできない様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。
「虹の橋」「虹の橋2部」に続く第3部の詩

ハチドリのごとく、今出来ることをいろんなシチュエーションの中で活動中の人達がいること、止まることの許されない人がいることを忘れていた自分に恥じ入る思いです。アントンに送って頂いたこの花は、そんなメッセージかも。

眠っているとその時間だけは痛みから逃れれるー そういう思いで
只々あれ以来過ごした毎日…。

少しづつ歩き出しますか!!





スポンサーサイト

コメント

こんばんは

虹の橋に2部3部の詩があるんですね。知らなかったです。
ゴンがお空に旅立った時虹の橋の詩に救われました。
悲しみ、寂しさ、後悔は子供たちを大切にしてきたからこそ生まれてくるものだと思うんです。
愛情いっぱいに育ったアントンくん、今も愛情いっぱいで思いだしてもらるアントンくん、お空で幸せのなか楽しく遊んでるはずです。
アントンくんはパパの永遠の宝物です。
アントンくんのため、メイちゃんのため、ポコちゃんのため、少しずつゆっくりいきましょう。
偉そうなことを言ってすみません。
アントンくんの笑顔を思い出して、ゆっくり乗り越えてください。

ゴン母さん、
ある方が同じ様に辛い思いの中で悲しんでおられる時に、お伝えした詩なんです。今思うと恥ずかしい思いです。
仰る通り、アントンが空から見ていますよね。昨日はエリーママさんのブログに載っていたバーニーズの記事に
何度も頷きながら、涙がまたまた止まりませんでした。何時かいいお話があったら、是非お知らせ下さいね。
首長くして待っています。
お互いに少しづつ、少しづつですね。
by anton papa
パパさん。

 ほんまにゆっくり、少しづつです。

アントン君もゆっくり見守ってくれていますよ。

エリーママさん、
はい!ゆっくり、少しづつ歩き出します。
ありがとうございます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://tamaanton.blog.fc2.com/tb.php/42-a8a14115
<< アントンは世界一の幸せ者! | TOP | 心優しいオトコ… >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。